病院に根付く問題

病院に根付く問題

ある中国人視点で

中国の医療現場では

最近何かと話題に挙がっている中国だが、この国の医療についてという話になると当然だが日本とは比べ物にならないと考えている人が多いだろう。全てとは言わないが、都市部における医療も世界的視野に当てはめれば中国が上位に位置している、とは中々考えにくい。また中国のように慣習と歴史、そして政治とカネという問題が都市部と地方で大きな問題とされながらも、公然と検挙されていないがために国が苦しい状態になっている、という見方を国民は冷静にしている。国のトップがこのような不祥事を当たり前といったようにしているせいか、この国の医療事情でも日本の医療史における闇である賄賂は欠かせないそうだ。

中国で良い治療を受けるとしたら、それこそ医師に対して多額の寄附金を渡して最高の治療が受けられるとも言われている。かつての日本のようだが、それ以前に中国の医療は日本と違って病院の数が多いわけではない。農村部から足を運び、明朝未明から病院前に長蛇の列が形成され、並び順に配布される診察番号を受け取って順番が来るまで待たなければならない。人の多さとなればどれくらい待つのかと想像してしまうが、これについては繁忙期の病院であれば日常茶飯事の光景は日本でも同じだ。

ただ中国でも贈収賄について厳しく取り締まりが強化されてきているため、目に見えて数は減ってきているとも言われている。あくまで一節によると、となっているため実情は定かではない。だが中にはそういった例に当てはまらないケースに出くわして、賄賂をケチったがために手術の際にひどい目にあったという体験もあるという。

「いい病院」ってどんな病院?!

レンタルサーバーはいっぱいあるけどどれがいいのかわからないというアナタの為のサイト★

完全な利害目的

ひどい目にあったと書いたが、実際にどんな目にあったのかというと、ある中国人女性は身内から何でも『麻酔科医』へはそうした賄賂は欠かさず行うべきだと推奨されたというのだ。どうしてかと尋ねると、身内の知り合いが麻酔科医に対して賄賂を躊躇して行わなかったため、手術の際に必要以下の麻酔しか打たれなかったという。そして麻酔が切れた頃はまだ手術をしている最中とあって、どうなったかというのは記載しないでおく。

空恐ろしい話だ、全身麻酔が無くなってもまだ自分の体が引き裂かれている状態だったとしたら、身も毛もよだつ体験だ。そんなことを聞かされれば賄賂をしなければならないと思っても仕方がない。実際こうした悪質な医師が日本にはいないとは言い切れないため、中には壮絶な体験をしたという人ももしかしたらいるかもしれない。

日本でもそうだと思ったという

その話を聞かされたため、女性は自分もいつか入院をする日が来たら賄賂をと考えていたところ、日本へ渡日した際に病院で子供を出産することになったという。女性は自国の病院とは違って友好的で親切、賄賂を渡す習慣も基本存在しない日本の病院システムに驚いたという。また出産の際に帝王切開をする可能性もあるという旨を聞かされた際には、身内の話を思い出して麻酔が解けることはないようにお布施をしなければならないのかと心配したが、そんなことはないと知って安心したという。

これは、心配するのも仕方がないケースといえる。感覚が戻ってきたときはまだ手術をしている最中で、その他諸々の作業を痛みに打ち震えながら感じなければならないなど、想像しただけで戦慄する。そんなことになったらショック死すら考えられるため、中国のその麻酔科医のような諸行は見過ごしてはいけない。

医師不足の問題とは・・

We evaluate the schools based on the results from 6 categories, Including curriculums, teachers, staff, food, facilities and internet speed. We also have a variety of forum that helps students to prepare for their Philippines Study life for Philippines English studyMango Study is a reviewing website for studying in the Philippines for Philippines English study
京都のリノベーション業者をお探しでしたら長栄リフォーム事業部までぜひご相談ください!内装・外装・リノベーション(間取り変更)・コンバージョン(用途変更)等のリフォーム、新規付加価値商品のご提案を行っております。

誰もが平等に受けられる医療を

賄賂を渡さなかったがために麻酔を減らされた、なんて体験をしたいとは誰もしたくない。痛みに敏感なのは誰でも共通している、特にどの程度の痛みが伴うかも想像できない手術という行為で、意識を持っている人体にどれだけの悪影響をもたらすか、素人には考えられない。もし仮に、こんなことが実際に日本で行われていると報道された暁には、益々医療に対する不信感が増して状態が悪化しかねない。

賄賂を渡す事は礼儀などと考えている人はそういった危険が発生するかもしれないと、知りもしないのだろう。他国の話とはいえない、仮にそんな偏見的な思考をした麻酔科医がいたら日本でも同じような事件が発生する可能性は十二分にある。これこそ平等な医療を受諾できるはずの医療先進国の理念そのものを打ち砕きかねないと、知って貰いたいところだ。