病院に根付く問題

病院に根付く問題

病院による違い

犯罪ではない、とは言い切れないケースも

こう言ってしまうとそんなことはない、と否定してくる人もいるだろう。現に渡して大事な人の命が延命したと訴えてくる人もいるかもしれない、そういう人には恐らく入院などを含めた治療費の額をはっきり認識できていないと思われる。生命保険に入っている人も多いと思うが、そうした人たちは万が一の際に備えて準備をしている。自身の命に関わることでもあるため、備えはしっかりしておきたいというのは自然なことだ。自分がいなくなっても残された人が苦しくならないようにする、というのも目的として当てはまる。そんな心配はちょっとした入院なども該当する、何せ病院で専門的な施術をして全快するまでに伴う医療費は決して安くはないからだ。

医療先進国として知られているヨーロッパにおいて、ありふれた病気についてはほぼ無償で診察を受けることが出来る一方で、入院費が高額である事実をどれだけの人が知っているだろうか。例として紹介すると、盲腸で入院したとする。その時、下記の国ではこれだけの入院・治療費を支払わなければならないという。

どうだろうか、盲腸で入院する場合でこれだけの入院費が必要になるという。ここへさらに病院で個室を希望するとしたら、別途個室の部屋代も日額で上乗せしなければならない。日本でも簡単と言われ、早ければ即日で帰宅も出来ると言われている手術が、医療の最新技術が生まれ続けているヨーロッパでこれだ。

日本も決して安いわけではないため、入院費を軽減するために保険へ加入する人は増えている。これに加えて、病人の治療を優遇してもらいたいとして祝儀を渡すとしたら、いったい総額幾ら渡せばいいのかという話になる。破産してでも助けるだけの価値があるという人もいるが、後に待っている展開と差し引きしてまですることとは思えるはずもない。

そもそも、こうしたお布施は官公立の病院に対して行われた場合、受け取った医師は法律違反として逮捕されてしまうのだ。罪名は贈収賄罪となる、これが適用される理由は官公立のような病院で働く医師は公務員と遜色ない身分に該当するためだ。今ではそれも明確に罰則事項として加えられているため、官公立で見られる目に見えた受取は全て拒否する規則となっている。

「いい病院」ってどんな病院?!

ホームページを作るにあたり、実際にお客様の会社を訪問させて頂き、お客様の会社を拝見させて頂き、まずは現場で見ることを大切にしています。ウェブサクッ! hifactory.netに成功するホームページ作りはおまかせください。

線引として

お金を渡したらそうなるとして、それ以外のちょっとしたお菓子なども渡してはいけないのかと疑問に思う人も出てくるだろう。祝儀という形ではない、誰でも気軽に食べられるお菓子となれば法律違反にはならないと考えている人もいるかもしれないが、そうならない場合もある。官公立の病院におけるこうした罰則事項をきちんと把握していないと、渡しただけなのでに逮捕されてしまったという展開になりかねないというから洒落になっていない。

ではどんな場合が違反とされているのか、いくつか事例を上げてみてみよう。

贈収賄罪となるケース

  1. 明確な利害関係があった場合
  2. 医師が公立などの病院で勤務していた場合
  3. 送られてきた物品を返送したが、逆送して来てしまった場合

私立は違う

謝礼が贈収賄罪として認められてしまうケースに、こうした利害関係が成立し、さらに医師が公立の病院に勤めている公務員だった場合には例外なく認められてしまう。私立の病院もそうなのかと思うかもしれないが、こちらの場合は公務員ではないため犯罪として検挙されることはないという。

では気軽に贈れると思う人もいるかもしれないが、最近になってそうした贈り物に対して受け取ることは出来ないと病院の規定として明記しているところが増えていた。実際、病院施設内の廊下に張り紙もされているなど、徹底されているところもあるほどになっていた。それでも平然と行っているところはあるため、不要な事をする必要がない病院へ入院したいとなる。

医師不足の問題とは・・

ラボ日本語教育研修所は財団法人ラボ国際交流センターが主宰する日本語教育施設・日本語教師養成講座です。
今の時代のお客さんの要望を叶えるお部屋づくりしませんか?マンションのリノベーションは長栄リフォーム事業部におまかせください!京都 リノベーションで人気の出る部屋に作り直しましょう!

実際には

贈収賄罪になるというが、これも表に出なければ誰にも気づかれること無く受け取ることは可能だ、などと公立の病院などで行われているという。実際、法律違反となる公立でそうした金銭を始め、菓子折りなどの受諾は人前では行わないものの、人目につきにくいところで行われているといるという。中には公然と病院内で『祝儀・菓子折り大歓迎!』などといった不謹慎な風潮を振りまいている病院もあるという話だ。

あくまで噂程度だが、もしそんな病院に入院してしまったらとてもではないが、自身の身体を扱うことを任せてはおけない。こうした旧態然とした慣習めいた行動は早急に滅亡するべきだと言いたくなる。中には海外の人も日本ではそれをしなければならないと偏見を持っている人も実際にいるという。